事業案内

事業内容のご紹介
  • 雨漏り修理
  • 屋根リフォーム
  • 屋根葺き替え工事
  • 瓦屋根葺き替え工事
  • どのような屋根でも対応します。
  • 雨漏りを必ず止めます。
  • お客様の屋根を診断します。

雨漏り修理

棟の修繕

写真

雨漏りの原因の多くは棟と谷です。
家の築年数が経つと、家の一番てっぺん、棟と呼ばれる部分から雨水が浸水することがあります。
そして、それこそが雨漏りの原因となります。ここをきちんと修繕することで、雨漏りを止め、お客様の家の寿命を延ばすことにつながります。

谷の修繕

写真

山の谷と一緒で、屋根の二つの斜面が合わさるところを谷と呼びます。
ここに一番雨水が集まります。谷には以前銅板がよく使われていました。
現在はステンレスなどを使っていますが、この銅板に酸性雨などが原因で穴が開くことがよくあります。また、この谷周辺の雨の通り道となっているところの瓦が痛むこともあります。
そのような理由から谷が原因の雨漏りも多々あります。

屋根リフォーム

写真

現在葺かれている屋根材を撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。
古い屋根材を撤去することにより屋根下地や野地板もメンテナンスすることができ、葺き替え可能な屋根材の種類も豊富です。

屋根葺き替え工事

写真

屋根の瓦、板など屋根全体を新しくすることを葺き替えといいます。
雨漏り修理の依頼を受け、屋根を見て、「あまりにも瓦が痛んでいる」「瓦自体の耐用年数を越えている」と判断した場合には、葺き替え工事をおすすめする場合もあります。
その場合には、瓦を選んだり、ソーラーパネルを新しく設置することなどもできますので、お気軽にご相談ください

瓦屋根葺き替え工事

小川瓦工業は昭和23年の創業より、妥協することなく伝統的な工法を守り続けております。現在では対応できる施工会社が少なくなってきている技術ですが、お客様に瓦の本当の良さを知っていただける最善の方法なのです。

土葺き工法

写真

日本瓦の工事の中でも、最も古い工法です。
「土葺き」とは文字通り、屋根に土を敷き、その上に瓦を設置します。
屋根と瓦の間に土があることで、さらに高い断熱効果が得られます。
メリットの多い土葺き工法ですが、工法としては難易度が高く、最近ではこれを行える施工会社はかなり少なくなってきているようです。

桟掛け工法

写真

桟に沿って瓦を釘で固定して安定させる工法です。
現在では土葺き工法よりもこちらのほうが主流になっています。
一般的な桟掛け工法というのは横桟打ちといって、横方向だけに釘を打ち込んで固定することが多いのですが、小川瓦工業の桟掛けは横桟打ちだけでなく縦桟打ちもすることにより、さらに瓦を安定させる工法を採用しています。瓦に打ち込む釘は専用のステン釘です。
一般的な業者では一部にのみステン釘を使用することも多いのですが、小川瓦工業は全てステン釘を使用しています。
お客様には見えない部分ですが、大切な家を長持ちさせるためのこだわりです。

このページのトップへ▲